ホーム >  糖尿病の原因と基礎知識 >  インスリンとはどういった働きをするのか?

インスリンとはどういった働きをするのか?


  ブドウ糖を細胞に取り込むインスリン

血糖値を下げるインスリン 糖尿病の方にとっては身近な言葉である「インスリン」ですが、健康な方であればあまり馴染みがないかもしれません。

インスリンとは膵臓から分泌されるホルモンで、一般的には「血糖値を下げるもの」という認識だと思います。

確かにインスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンという認識で間違ってはいないものの、厳密には血液中のブドウ糖を細胞に取り込む働きをするホルモン。食後に上がってしまう増えてしまう血液中のブドウ糖をエネルギーとして取り込みます。

これが正常にできない状態を「糖尿病」と呼ぶのです。

  インスリンが足りなくなると…

インスリンの働きは血液中のブドウ糖をエネルギーとして細胞に取り込むだけではなく、脂肪として蓄えたり「グリコーゲン」として肝臓や筋肉に蓄えたりする働きがあります。

空腹などによって血糖値が低くなる状況下では肝臓がこのグリコーゲンを分解しブドウ糖を作り血糖値を維持するよう働きかける仕組みになっており、インスリンが行うブドウ糖の取り込みやグリコーゲンの生成が体内の血糖値をコントロールしているのです。

しかし、膵臓から分泌されるインスリンの量が減ってしまったり、インスリンの効き自体が悪くなってしまったりすると血糖値を上手く下げられない糖尿病になります。

インスリンの量が減ったり効きが落ちたりすると、細胞内にブドウ糖を取り込みづらくなりますから血液中にブドウ糖が留まる事になり血糖値が高い状態が続き、高血糖は血液を砂糖水のようにドロドロにし全身に行き渡りにくくすると共に動脈硬化や血管の詰まりなどで様々な合併症を引き起こす結果に。

高血糖でドロドロになった血液を体は「水分が足りない」と認識するため、糖尿病が進行すると異常な喉の渇きやそれに伴う頻尿、ブドウ糖を取り込めない事から食べても食べても痩せるといった症状が出てくるようになってしまいます。

■インスリン足りない、効かない状態になると血糖値が高くなり糖尿病に

  糖尿病の予防・治療に欠かせないインスリン

インスリンは血糖値をコントロールする上で非常に重要なホルモンであり、膵臓からの分泌や効き目を正常に保っていれば糖尿病になる事はありません。

しかし日常的に炭水化物やお菓子などの糖質を摂りすぎる生活を送っていると絶えずインスリンを分泌する状態となり、膵臓は徐々に疲弊しインスリンを作り出す能力が落ちてきます。

加えて糖質の過剰摂取による肥満はインスリン抵抗性を高めインスリンの効き自体を悪くしてしまう大きな要因で、分泌能力の低下と相まって糖尿病になってしまうのです。

進行した糖尿病ではそれを補うために自らインスリン注射を行う場合もあります。

様々な合併症を引き起こす怖い糖尿病にならないため、進行させないためにも食生活を見直しや適度な運動を取り入れるようにし、インスリンが正常に分泌されしっかり効果を発揮する環境を整えるようにして下さい。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事