ホーム >  糖尿病の原因と基礎知識 >  意外? ストレスが血糖値を上昇させる理由

意外? ストレスが血糖値を上昇させる理由


  馬鹿にできない糖尿病とストレスの関係

糖尿病とストレスの関係 糖尿病とストレス?

糖尿病というと暴飲暴食や運動不足による肥満などから引き起こされ、また悪化するイメージがあると思います。

実際に糖尿病の95%を占める2型糖尿病は過度な食事や運動不足から膵臓のインスリン分泌能力が落ちてしまったり、インスリン抵抗性によってインスリンの感受性が落ちてしまう事が主な原因となります。

そのため糖尿病とストレスにはあまり関係がないように感じますが、体に様々な悪影響を与えるストレスは糖尿病を悪化させる要因になるのです。

ここではそんな少し意外な糖尿病とストレスの関係について触れていきます。

  ストレスが血糖値を上昇させる原因

ストレスが血糖値を上昇させる直接的な要因は強いストレスがもたらす緊張などによって交感神経が活発になる事や、交感神経や副交感神経を司る自律神経自体が乱れてしまう事によるものです。

過度なストレスで交感神経が強く働くと副腎髄質からアドレナリンが、副腎皮質からは「ストレスホルモン」とも呼ばれるコルチゾールが分泌され、ストレスや緊張に対応するために血液中にエネルギーとなるブドウ糖を増やします。

これは、過度なストレスや緊張状態というのは命の危険がある状況であると察知し、その危機を脱するためにエネルギーとなる糖の濃度を上げるためだといわれています。

こういった体の反応は一時的なものである事から、糖尿病ではない方が一時的に強いストレスに晒されたり緊張状態になる分には、その状況が終われば膵臓から分泌されるインスリンによって直ちに血糖値が下げられるため大きな問題にはなりません。

しかし強いストレス状態が続けばアドレナリンやコルチゾールは分泌され続ける事になりますから高血糖状態が長く続く事になり、場合によっては糖尿病の引き金になる事も。

考えられる状況としては日常的に過度なノルマが課せられた仕事に就いている事や嫌いな人間と仕事をしなければならない状況、親しい方の死などがあります。

一方、すでに糖尿病を患っている方だと血糖値を下げる能力が低下している場合がほとんどなので、ストレスや緊張などによって一時的にでも血糖値が上昇してしまうと、その後長時間にわたって高血糖が維持されてしまう恐れがあります。

このように強いストレスや緊張は交感神経が高まりストレスホルモンが分泌、血糖値を上げる原因となり、それが糖尿病の発病や悪化をもたらす場合があるのです。

■強いストレスや緊張によって血糖値を上げるストレスホルモンが分泌される
■強いストレスは糖尿病患者はもちろん健康な方の糖尿病リスクも高める

  生活習慣や食生活にも影響を与えるストレス

ストレスが高血糖を招く直接的な要因は強いストレスによるストレスホルモンの分泌で血液中のブドウ糖濃度を高めてしまう事にあります。

しかしストレスによる糖尿病リスクはそれだけに留まりません。

人間というものは強いストレスを感じると何らかの方法でそれを緩和・解消しようとするもので、それが運動や趣味など健全な方法であれば理想的なのですが、人によってはそれが暴飲暴食や喫煙量・飲酒量の増加として現れる場合があります。

言うまでもなく暴飲暴食は最大の糖尿病リスクとなりますし、喫煙や過度な飲酒はインスリン抵抗性を高め血糖値を上昇させる要因になります。

それを回避するためには食べる事や喫煙・飲酒をストレス解消法と位置付けず、趣味や運動など糖尿病リスクの無い解消法を見つけ実践する必要があります。

ハッキリ言ってしまうと「ストレスが多くてつい食べ過ぎちゃうんだよね~」という方は肥満をストレスのせいにして正当化しようとしている場合がほとんどで、本当に強いストレスを感じている場合むしろ食欲は無くなります。

それは喫煙や飲酒も同様で、タバコやお酒の量が増えている事を「ストレス」という大義名分のもと正当化しようとしてるに過ぎません。

「糖尿病になっても構わない」「悪化させても構わない」というのであればあえて止めはしませんが、もしストレスによって食事やタバコ・お酒の量が増えている状況をどうにかしたいと感じているのであれば、それが“甘え”だと認識し健全なストレス解消法を見つけるようにして下さい。(→上手にストレスを解消する方法を見つける

少し厳しい言い方をしましたが、ストレスの解消法は多岐に渡りますので、体に悪影響がある食事やタバコ、お酒は“糖尿病に限らない様々な病気”というさらなるストレスを生む原因になる事を忘れないで下さい。

■強いストレスは糖尿病の原因である暴飲暴食や喫煙・飲酒量増加の可能性
■食べる事やタバコ、お酒に頼らないストレス解消法を見つけるべき

  生きてく上でストレスフリーはありえない

ストレスは生きていく上で完全に排除する事はできませんし、そもそも糖尿病治療にとって重要な運動も体にストレスをかけています。

仕事の適度なストレスは向上心にも繋がりますし、ミスを減らし最善の結果を残すためにはある程度のストレスや緊張は必要不可欠と言っても過言ではありません。

社会生活はもちろん日常生活をしていく上でもストレスを全く感じない生活というのは不可能なのですが、そこには上記のような「良いストレス」と体を蝕む「悪いストレス」が存在する事は間違いありません。

過度なノルマのある仕事や長すぎる就業時間、劣悪な人間関係などは悪いストレスの典型であり、こういったものは出来る限り改善していくべきものです。

だからといっておいそれと仕事を辞めるわけにもいきませんし、人間関係をスパッと断ったり生活環境を変えたりするのは難しいと思います。

そういった状況を緩和・打破するのが上手なストレス解消法となるので、糖尿病を発病・悪化させかねない嗜好品や暴飲暴食に頼らず、旅行やスポーツといった血糖値改善とストレス解消の相乗効果を期待できるような方法を模索してみて下さい。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事