ホーム >  糖尿病の原因と基礎知識 >  男性だけじゃない 女性も不感症になる糖尿病

男性だけじゃない 女性も不感症になる糖尿病


  糖尿病の性機能障害は男性だけじゃない

糖尿病と女性の不感症 糖尿病がある程度進行すると合併症として神経障害が起き、それが自律神経に及ぶと男性の場合勃起障害(ED)になってしまう場合があります。

男性としてはインポテンツになってしまうのは非常に辛いことですが、勃起などしない女性から見れば「私には関係ない」と感じるかもしれません。

しかし糖尿病によって勃起障害を含む性機能障害が現れるのは何も男性のみに限った話ではなく、実は女性にも現れるのをご存知ですか?

ここではそんな糖尿病によって現れる女性の性機能障害について取り上げてみたいと思います。

  なぜ女性が性機能障害になってしまうのか

女性が糖尿病によって性機能障害が起きる原因は、男性の勃起障害などと同様に3大合併症である「糖尿病性神経障害」によるものです。

神経障害が現れ自律神経に障害が出てくると男性の場合勃起障害が起きるようになり、基本的に性欲の強い男性に死刑宣告とも言えるインポテンツ(ED)というインパクトの強さからこればかりがピックアップされますが、その影には「不感症」も隠れています。

女性の場合勃起をすることがないため性機能障害とは無縁と感じがちですが、この不感症は男女問わず現れることになるのです。

しかし自律神経障害による性機能障害は不感症だけではありません。

■糖尿病の神経障害によって女性も性機能障害が現れる

  女性の性機能障害とは

自律神経障害によって行為による感度が悪くなるのは上でも書きましたが、自律神経はホルモンバランスにも影響しており、糖尿病が進むとこれが乱れがちになってきます。

そうなってくると現れるのが「性への意識の低下」「オルガズム障害(絶頂感の欠乏)」「膣の潤滑不全」「性交痛」など、いわゆる女性性機能障害(FSD)です。

性行為自体への関心が薄れるとともに感じづらくなり、また膣の潤滑不全…いわゆる「濡れない」という状況になりがちで、それは挿入時の痛みなどに直結します。

性的な欲求の低下に加え気持ちよさやオルガズムを感じづらくなる、痛みを感じやすくなることも相まって性行為自体を苦痛と感じる場合もあり、男女の関係に悪影響をもたらす可能性があるのです。

■糖尿病による女性の性機能障害は絶頂感の欠乏や膣の潤滑不全、性交疼痛
■不感症や痛みなどから性行為自体を苦痛と感じるようになることも

  糖尿病による性機能障害を防ぐために

男性にとっても女性にとってもセックスは愛を確かめあうために重要な行為であり、セックスレスが離婚理由として認められていることからもその重要性が伺えると思います。

糖尿病の進行によって性行為を苦痛と感じてしまうようになればおのずと回数も減ることに繋がり、それはパートナーである男性にとっても辛いことであり、なにより女性自身が楽しみを奪われることにもなってしまいます。

それを回避するためには糖尿病を悪化させないための血糖コントロールが何より重要になり、血糖値を低い状態に維持できれば神経障害に伴う性機能障害の改善が見込めます。

KYジェリーや威覇クリームのような潤滑剤や感度を上げる塗り薬を使うというのもひとつの手ではありますが、神経障害からくる性機能障害の根本的な解決にはならないので、こういった潤滑剤などはあくまでも「補助」と考え血糖値の改善に努めるようにして下さい。




高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事