ホーム >  糖尿病の原因と基礎知識 >  糖尿病に多く見られるインポテンツ(ED)

糖尿病に多く見られるインポテンツ(ED)


  男性としては非常に辛い勃起障害

糖尿病とインポテンツ(ED) 糖尿病になると勃起障害…つまりインポテンツ(ED)になるという話を聞いたことはありませんか?

実際、糖尿病を患う人の3割程度に勃起障害が見られるというデータもあり、糖尿病の男性にとっては他人事ではないはずです。

一方、糖尿病の女性にとっては「私には関係ない」と感じるかもしれませんが、パートナーが勃起障害になってしまうと男女の関係に影響が出る可能性がありますし、別記しますが女性の場合でも糖尿病になると不感症になったりと性機能障害が出ることもあります。(→男性だけじゃない 女性も不感症になる糖尿病

なぜ糖尿病になるとインポテンツになってしまうのでしょうか?

  糖尿病の人がインポテンツ(ED)になってしまう原因

糖尿病の人が勃起障害になってしまう原因には神経障害が深く関わっています。

糖尿病の3大合併症としてもっとも早く出る傾向にある「糖尿病性神経障害」になると末梢神経の働きが低下してきます。

男性が性的に興奮して起こる“勃起”というのは自律神経が影響しており、その中で副交感神経の働きによって勃起するのですが、糖尿病による神経障害が起こると自律神経にも障害が出はじめ徐々に勃起しにくくなってきます。

軽度のインポテンツであればセックスをすることも可能ですが、重度になるとまったく反応しなくなり性生活に大きな障害が出てきます。

以前、知り合いの女性が「旦那が糖尿病だからHできない」といった話をしていて、その時は「なんで糖尿病だとHできないんだろう?」と疑問に感じたものですが、自分に糖尿病の兆候が出てきて色々と調べていくうちに「あの時の話はこういうことだったのか」と合点がいきました。

インポテンツを引き起こす糖尿病性神経障害は悪化すると足の切断などを余儀なくされることもある怖い合併症なので、しっかりと血糖コントロールを行い神経障害を起こさないことが何より重要になります。

■糖尿病による勃起障害は神経障害による自律神経の機能低下によって起こる

  糖尿病による勃起障害にならないために

男性にとってインポテンツになってしまうというのはセックスできないのはもちろん、男としての威厳を奪われたような感覚に陥り、糖尿病という病気であるとはいえ非常につらいことだと思います。

セックスレスの男女が増えてきたとはいえ性生活はパートナーとの関係を良好・円滑にするために重要なものであることに変わりはなく、これが無くなってしまうと関係が悪化し最悪の場合「破局」という可能性もあります。

それを避けるためには糖尿病の予防・治療が何より重要になり、血糖値を良好にコントロールすることで勃起障害も改善も期待できるでしょう。

また、インポテンツ(ED)の治療薬として名高いバイアグラやカマグラの有効性が確認されていますので、必要に応じて使用してみるという選択肢もあります。




高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事