ホーム >  糖尿病ニュース・コラム >  糖尿病と歯周病が引き起こす負の連鎖

糖尿病と歯周病が引き起こす負の連鎖


  糖尿病とは全く関係なさそうな歯周病

糖尿病と歯周病 糖尿病と歯周病…

片や血液中のブドウ糖濃度が高くなる病気、片や歯石などによって歯周病菌が繁殖し歯肉に起こる炎症とあり一見なんの関係も無さそうに見える両者。

しかし近年の研究などでこの2つには密接な関係性がある事が分かってきています。

合併症によって最悪の場合失明や人工透析、そして「死」の可能性すら高まる恐ろしい糖尿病も歯がすべて抜け落ちてしまう恐れのある歯周病、どちらも非常に怖い病気ではあるものの、これらが互いに干渉しあい悪循環を引き起こしているとなれば恐ろしさは倍増します。

そんな糖尿病と歯周病の関係について取り上げていきます。

  糖尿病と歯周病の悪循環

糖尿病を患い血糖値のコントロールがしっかり行えていない場合、免疫力の低下に加え動脈硬化によって歯肉への血流が悪くなる事が原因で歯周病菌が繁殖しやすくなります。

糖尿病は血液中の高いブドウ糖濃度によって血管に絶えず負担をかけている事から末端の毛細血管は詰まりやすく、全身の血管に及ぶ動脈硬化によって様々な合併症を引き起こし、その中に歯周病が含まれるのは広く知られていました。

しかし、それが悪化すると歯周病によって繁殖する歯周病菌が血管を伝って全身を巡り、色々な悪影響をもたらす事が分かってきています。

全身に回った歯周病菌は血管を傷つけ、そこに悪玉(LDL)コレステロールなどが蓄積し血管を細くする「アテローム性動脈硬化」を引き起こしますが、これは高血糖による動脈硬化の主な原因でもあり、相乗効果で動脈硬化を加速させるのです。

また歯周病菌自体がインスリン抵抗性となりインスリンの効きが悪くなってしまうため、糖尿病を悪化させてしまいます。

つまり糖尿病が歯周病を誘発・悪化させ、それによって歯周病菌が全身を巡り糖尿病と動脈硬化を悪化させるという恐ろしい悪循環を引き起こしてしまうのです。

■糖尿病による免疫力や血流の低下によって歯周病になりやすくなる
■歯周病により全身に歯周病菌が巡り、それが糖尿病や動脈硬化を悪化させる

  糖尿病と歯周病の悪循環を断ち切るために

糖尿病は全身の血管にダメージを与えるため、体中の至るところに悪影響を与え様々な合併症を引き起こし、歯周病はその中のひとつに過ぎません。

しかしその歯周病もまた全身を駆け巡り動脈硬化の原因になる事、そしてインスリン抵抗性になる事から糖尿病は歯周病による合併症のひとつであり、他にも心疾患高血圧など様々な悪影響を引き起こします。

この悪循環を断ち切るためには糖尿病の早期発見・早期治療が必要になる事はもちろん、定期的な歯科検診と歯のクリーニングが重要になります。

食後などに歯に付着する歯垢の段階であれば歯磨きで除去できるものの、どんなに丁寧な歯磨きを行っても歯垢の100%除去は不可能で、取りきれない歯垢は時間と共に歯石になり歯にこびり付きます。

歯石は歯磨きでは除去できないため定期的に歯医者に通い掃除してもらう必要があります。その期間は一般的に半年に1回、どんなに遅くても1年に1回行う必要があります。

それは糖尿病などの予防や治療に繋がるだけではなく、歯周病から自分の歯を守る事で健康にとって非常に重要な咀嚼をしっかり行う事にも繋がります。

歯やそれを維持する歯肉は我々が考えているよりずっと深く健康に関わっていますので、糖尿病治療や予防に併せて定期的な歯科検診を行うようにして下さい。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事