ホーム >  糖尿病ニュース・コラム >  増え続ける糖尿病患者数の今後

増え続ける糖尿病患者数の今後


  右肩上がりの糖尿病患者数

増え続ける糖尿病 糖尿病の調査は様々な機関が行っているものの、最も信頼に足る調査というのはやはり国の機関…厚生労働省が行う調査だと思います。

厚生労働省は糖尿病の具体的な調査を5年に1度行っており、直近の調査は2012年(平成24年)に行われました。

その調査では主に「糖尿病が強く疑われる者」「糖尿病の可能性を否定できない者」の2点に焦点を当てており、これらは少し言い回しが回りくどいものの端的に言ってしまえば「糖尿病患者」と「糖尿病予備群」になります。

この調査では2012年(平成24年)は前回調査の2007年(平成19年)に比べ予備群を含めた糖尿病患者総数は減少したとありますが、実際にどういった推移をしているのでしょうか?

  予備群を含めると減っている糖尿病

厚生労働省が5年に1度発表する糖尿病のデータによると、2012年は前回2007年次の調査に比べ糖尿病の全体的な数は減っているとあります。

糖尿病患者の推移

この数字を見ると糖尿病患者、その予備群を含めた数は平成19年の2,210万人から平成24年は2,050万人と確かに減っているものの、「糖尿病が強く疑われる者」…つまり明らかに血糖値やヘモグロビンA1cの数値が高い人は平成19年の890万人から950万人に増えています。

これは糖尿病予備群が急激に増えた平成19年から明確な糖尿病に移行した人が増えた一方で予備群自体は減った事からこういったデータになっていると推測され、このペースで行けば糖尿病本体の数字も減少していきそうに見えます。

しかし事はそう単純ではなさそうです。

 ■糖尿病患者と予備群を足した数は平成19年から減少している
 ■減ったのは糖尿病予備群で明確な糖尿病患者自体は増えている

  今後も糖尿病患者は増え続けるのか?

上記の糖尿病および予備群の数以外の生活習慣に関するデータを読み解いてみると、近年の健康意識の高まりからか様々なデータで改善の傾向が見られます

それは肥満を量る上で重要なBMIであったり、喫煙率、運動習慣、糖尿病の治療を受けている率など多岐に渡り、この数字から見るに糖尿病などの生活習慣病も減っていきそうに感じます。

しかし野菜の摂取量や1日の歩数といったものは減少傾向にあり、強弱入り乱れている結果になっています。

ただこの様々なデータ、数字だけ見れば改善している項目が多いものの、その改善の裏には“急速な高齢化”が隠れているのではないかと私は感じます。

急増している高齢者は時間があるため朝夕にウォーキングしている方が多いものの動ける人と動けない人の二極化か進んでいる可能性が高く、また何かしらの病気によって禁煙や禁酒を余儀なくされている方も多く、年齢的に食事量は減るため痩せる傾向にあるものの野菜の摂取量も減る…

そう考えればデータに改善の兆しがある事の説明がつきます。

次回の調査である2017年あたりまでは糖尿病の数は増え、その後はすでに始まっている人口減少の勢いが増す事もあって糖尿病患者の数は減るものの、割合的にはあまり変わらない…という状況になるのではないかと予想しています。

一時期若年層の肥満の増加や運動量や筋肉量の低下が問題になった事もあり、そういった層が年齢を重ねてくれば糖尿病になる可能性が高く、全体的な糖尿病の割合は今後もあまり変わらないのではないかと推測されます。

しかしそれはあくまでも他人事であって、糖尿病にかかっている人が多いからといって自分の糖尿病が正当化されるわけではありませんので、これを見てくださっている皆さんは出来る限の治療・予防を心がけ生活に質を保つようにして下さい。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事