ホーム >  糖尿病の原因と基礎知識 >  糖尿病によって引き起こされる合併症の数々

糖尿病によって引き起こされる合併症の数々


  3大合併症だけではない高血糖の恐怖

糖尿病の様々な合併症 血糖値の高い状態が続けば糖尿病と診断される可能性が高いのは皆さんご存知だと思います。

そしてその糖尿病による高血糖によって引き起こされる症状といえば3大合併症、つまり…

  • ■糖尿病性腎症
  • ■糖尿病性網膜症
  • ■糖尿病性神経障害

この3つが広く知られています。

糖尿病の恐怖はこれらの合併症にあると言っても過言ではないものの、高血糖による合併症はこれだけに留まるものではありません。

ここでは広く周知されている3大合併症ではなく、命に関わる心疾患や脳疾患をはじめとし、あまり日の目を見ないそれ以外の合併症なども見てみましょう。

  命に関わる糖尿病の合併症

日本の死因の上位3つは長らく…

  • ■1位 がん
  • ■2位 心疾患
  • ■3位 脳卒中

…となっていましたが、近年は3位の脳卒中を抜いて肺炎が第3位になっており、実はこれらの病気の内1位のがん以外は糖尿病とも密接に関わっているのです。

糖尿病は高い血糖値によって血管を蝕む病気で、血管内にコレステロールなどが蓄積したり脆くなったりといった動脈硬化を引き起こし、進行した糖尿病では血管は非常に詰まりやすい状況になっています。

狭くなった血管に何かしらの原因で血栓ができる、もしくはどこかでできた血栓が飛んでくると血管が詰まってしまい、それが脳血管で起きれば「脳梗塞」、冠動脈で起きれば「心筋梗塞」となり最悪の場合死に至ります。

糖尿病患者は血管が繰り返し損傷を受け、そこにLDLコレステロールなどが蓄積してプラークとなり血管を狭めてしまう「アテローム性動脈硬化」を引き起こし、これが脳梗塞や心筋梗塞の大きな要因になっている事が分かっています。

また、高血糖状態では免疫力が低下するため死因第3位となった肺炎にかかりやすくなる上、血流の悪さから回復が遅れ重症化するリスクが高まります。

がんを除く死因上位の病気のリスクが数倍に高まる糖尿病は「影の死因第1位」と唱える専門家もいるほど怖い病気なのです。

■糖尿病は死因上位の心疾患や脳卒中、肺炎のリスクを高める
■様々な合併症を引き起こす糖尿病は死因第1位という説も

  その他糖尿病の合併症

糖尿病は高血糖により血管に大きなダメージを与える病気であるため、生命維持にとって重要な役割を果たす血が滞ったり行き渡りづらくなったりする事により、極論では体のすべての部位にとって悪いと言う事が出来るかもしれません。

3大合併症の1つである糖尿病性網膜症以外にも白内障や緑内障といった失明の恐れがある病気にかかりやすくなったりますし、糖尿病患者は認知症にかかりやすい事が分かってきています。

糖尿病は歯周病とも深い関わりがあり、糖尿病による免疫力低下で歯周病にかかりやすくなる上に歯肉の毛細血管に血液が循環しづらいため悪化しがち。

怖いのはそうやって悪化した歯周病から歯周病菌が全身に回り、それがインスリン抵抗性となって血糖値を上昇させるという悪循環を引き起こす可能性があるという事です。

その他、糖尿病にかかり高血糖である方は傷の治りが悪い「創傷治癒遅延」という状態になります。

これは傷が治るために必要な血流が不足する事やヘモグロビンがブドウ糖と結びついてしまう事によって酸素が行き渡らない事や新陳代謝が行われにくい事などが原因となっており、大きな手術時などは細心の注意が必要になります。

このように3大合併症のみならず全身で様々な合併症を引き起こす糖尿病。

これらの合併症は生活の質を大きく落とす事はもちろん確実に寿命を縮めますので、そうならないためにも早期発見早期治療を心がけてください。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事