ホーム >  糖尿病の原因と基礎知識

正しい知識を身に付ければ糖尿病は怖くない


  もはや国民病とも言える糖尿病

糖尿病は国民病 日本における糖尿病およびその予備群を含めると2000万人を超えており、それは日本人の6人に1人が罹患している計算になります。

確かに昔から「糖尿病」という病名はよく見聞きしていたものの、「6人に1人」という多さには驚きを隠せません。

この糖尿病、初期にはこれといった自覚症状はなく、また直ちに命に直結するような病気でもないため軽視されがちで、血糖値が高いと分かっていても特にこれといった対策をしない方も多いのが実情です。

しかし糖尿病に目立った自覚症状がないといっても高血糖は確実に体を蝕み、長い期間を経て恐ろしい合併症を引き起こす怖い病気である事を自覚する必要があります。

  正しい知識を身に付け糖尿病と上手に付き合う

糖尿病というのは一度発症すれば基本的に完治する事はありません。

つまり一生付き合っていく必要があり、それだけに糖尿病に対する正しい知識を身に付け上手にコントロールしていく必要があるのです。

糖尿病初期の段階でしっかりとした対策や治療が出来れば健常者と変わらない寿命をまっとうする事が出来る一方、放置すれば10年は寿命が短くなる上に様々な合併症により生活の質も著しく低下してしまいます。

私の身の回りにもかなりの高血糖なのに積極的な治療をせず、また日常生活を見直すこともしない方が数人います。

何度か「糖尿病は怖いから病院行ってしっかり治療した方がいいよ」と伝えたものの聞き入れることもなく、おそらく5年後10年後には失明したり人工透析になったりと悲惨な状況になっている事が予想されます。

当サイトを見てくださっている方にはこうならないためにも、糖尿病に対するしっかりとした知識や対処法を身に付け治療に活かして欲しいと感じています。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事