ホーム >  糖尿病ニュース・コラム >  禁煙は糖尿病の発症リスクを高める?

禁煙は糖尿病の発症リスクを高める?


  糖尿病にとって重要となる禁煙だが…

禁煙は糖尿病リスクを高める? タバコは糖尿病の発症リスクや合併症・死亡リスクに至る様々な面に悪影響を与えます。

そのため当サイトでも「糖尿病の大敵 タバコを止めるべき様々な理由」などのページで禁煙の重要性を訴えておりますが、実は禁煙によって糖尿病リスクが高まるという全く逆のデータも存在します。

常識的に考えて「百害あって一利なし」と言われるタバコが糖尿病に悪影響を与えるのは想像に難くありませんが、ではなぜ禁煙が糖尿病の発症リスクや悪化をもたらす可能性に言及されているのでしょうか?

  禁煙による糖尿病リスクは体重の増加

禁煙を行った後数年間は糖尿病のリスクが高まる事は国内外の研究結果で明らかになってきています。

それらの結果では禁煙後3~5年の間は非喫煙者に比べ糖尿病発症リスクは1.5~2倍ほど増え、その後徐々に減っていき10年以降は発症リスクの高まりは見られないという点でおおむね一致しています。

国立がん研究センターと国立国際医療研究センターのグループが全国約6万人を対象に行った大規模調査の結果、禁煙後5年間の糖尿病発症リスクは非喫煙者に比べ男性で1.42倍、女性で2.84倍と女性の方が有意に高く、また喫煙本数が多いほどそのリスクは高くなる傾向に。

禁煙後に糖尿病の発症リスクが高まる一番の要因は体重の増加だと見られており、「タバコをやめた事によって正常な味覚が戻りご飯が美味しくなった」というのはよく聞く話ですし、そもそもタバコを吸うと食欲が無くなるため、それをやめれば食欲が増すのは自然な事だと考えられます。

そのため、糖尿病リスクを上げないためには禁煙後もしっかりとカロリーコントロールを行うなど、体重が増えないように留意する必要があります。

しかし一方で、禁煙後体重が増えていなくても糖尿病リスクが高まるという研究結果もあり、これに関しては明確なメカニズムは解明されていませんが、禁煙する事によって膵臓やインスリンに関する何かしらの変化が起こるためと考えられています。

これらの事から禁煙後の糖尿病リスクを少しでも抑えるためには食事量を増やさず栄養バランスに気をつけ、また適度な運動を取り入れるという糖尿病予防の基本をしっかり行う事が重要になります。

 ■禁煙後に糖尿病発症リスクが高まる大きな要因は体重の増加
 ■体重が増加しなくても糖尿病リスクが高まるという研究結果も

  糖尿病リスクが高まるなら禁煙しない方がよい?

タバコやめても糖尿病リスクが高まるなら無理してやめる必要ないじゃん

愛煙家からはそういった声も聞こえてきそうですが、確かに禁煙後短期的には糖尿病リスクが高まる恐れがあるものの、長い目で見ればタバコを吸い続けた方が遥かにリスクは高くなります。

また、タバコのリスクは糖尿病のみならず心疾患や脳卒中、がんなど様々な生活習慣病のリスクを大幅に高めますし、タバコ代も馬鹿にならず、しかも周囲から「臭い」と白い目で見られるのですから、短期的に糖尿病リスクが高まる事を盾に喫煙を正当化する理由にはなりません。

それでもタバコをやめた後は糖尿病リスクが高まる事は間違いありませんので、禁煙後は食事管理や運動による体重コントロールを行う事で糖尿病発症リスクを下げつつ、定期的な健康診断によって血糖値やHbA1cの数値をしっかりとチェックする事が求められます。

自力では長続きせず難しい禁煙も、禁煙外来の受診やチャンピックスの使用で成功率は大幅に上昇しますから、ご自身の体のためにもぜひ禁煙にチャレンジしてみて下さい。



高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事