ホーム >  糖尿病ニュース・コラム >  渡辺徹の糖尿病がヤバい? 腎症で人工透析

渡辺徹の糖尿病がヤバい? 腎症で人工透析


  糖尿病はハゲをも引き起こす?

渡辺徹の糖尿病がヤバい

キャラ付けなどから太っている芸能人は多いものの、表立って「糖尿病」と知れ渡っている人は意外なほど少ないものです。

そんな中芸能ニュースなどに取り上げられ最近話題になったのが渡辺徹さんの糖尿病についてで、その中では腎不全によって週3回の人工透析を余儀なくされているとされています。

確かに渡辺徹といえば昔からぽっちゃりキャラのイメージがありますが、氏の糖尿病はそれほど悪化しているのでしょうか?

  どうしてもやめられない暴飲暴食

渡辺徹は20歳にして大人気ドラマである「太陽にほえろ!」で俳優デビューし、そのころはまったく太っていませんでした。

しかしその後は急激に太っていき太陽にほえろ!の中で殉職するまでの4年の間に体重は130kgにまで増えたといい、太陽にほえろ!を辞めた理由は撮影の中で舘ひろしさんや神田正輝さんらと走って砂山を上る際、自分だけ登れずズルズルと落ちていく蟻地獄のようになり何度もNGを出したからと本人が語っています。

それだけ太れば糖尿病リスクも増大することになり30歳にして糖尿病を患った渡辺徹はその後痩せたり太ったりを繰り返すことに。確かに「あれ?痩せたな」「ん?また太ったな」という印象を何度か抱いた記憶があります。

妻である榊原郁恵さんが渡辺の体を案じ食生活にはかなり気を使っていたようですが、当の本人は地方ロケの際など陰で暴飲暴食を繰り返していたとのこと。普段の抑圧された食欲が爆発してしまうのかもしれませんね。

2012年に心疾患による手術を受け、それまで1日6000kcalだった摂取カロリーを術後は健康的な1800~2000kcalに抑えているとのことですが、これもいつまで続くことやら…

  腎不全による人工透析

30歳という若さで糖尿病を発症しながら不摂生を続けていれば50歳半ばとなった今様々な合併症を引き起こすのは当たり前の話で、糖尿病の3大合併症のひとつである「糖尿病性腎症」により腎不全に移行、現在渡辺徹は週3回の人工透析を受けており、所属事務所への問い合わせでもその事実を認めているそうです。

事務所が言うには「症状はそれほど重いものではない」としているようですが、糖尿病によって腎不全にまでなった状況を「重症ではない」とよく言えたものです。

腎症は糖尿病の3大合併症の中ではもっとも発症が遅い傾向にあり、腎不全になるほど腎症が進行しているのであれば血管はボロボロ、他の様々な合併症を併発していることが考えられ、2012年の心疾患もその一つだと思われます。

そもそも体形や健康に対する意識が人並みであるなら100kgを超えるような体重になることは考えられず、芸能界という多くの人目に触れる仕事で、なおかつデブを売りにするような芸人でもない人間がこれだけ太るのですから、過去に何度か挙がった女性問題も含め個人的には死ぬほど自分に甘い無責任な人間なのだろうなという悪い印象しかありません。

渡辺徹の糖尿病の進行具合、これまでの不摂生の歴史を考えると、テレビで見なくなる日はそう遠くないのかもしれません。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事