ホーム >  糖尿病ニュース・コラム >  日本人は糖尿病になりやすいって本当?

日本人は糖尿病になりやすいって本当?


  欧米人は糖尿病になりにくいという噂

日本人は糖尿病になりやすい? 糖尿病に関心がある方なら「日本人は欧米人より糖尿病になりやすい」という話を聞いた事があるのではないでしょうか。

そう言われてみればアメリカ人の肥満体型は日本人のそれとは比べ物にならないほどデップリとしており、またその数も非常に多いため大半の人が糖尿病にかかっていてもおかしくはありません。

実際日本人よりアメリカ人の方が糖尿病の罹患率は高いもののその差は1.5倍程度で、BMIが30を超える肥満が日本人は約3%なのに対しアメリカは30%超と圧倒的に多い事を考えると確かに肥満の数に対して糖尿病の割合は少ないように感じます。

その原因を紐解くと日本人の食文化や遺伝的要因が関わっているようです。

  なぜ日本人は糖尿病になりやすいのか

世界的に肥満の基準はBMIが30以上となっており、その割合はアメリカで30%を超えている一方日本では3%に過ぎません。

しかし日本では肥満の基準をBMI30以上ではなく25以上と定め、これに当てはまる日本人は25%前後になっていますが、BMI30と25の差は身長170cmの人に当てはめるとBMI30は86.7kgなのに対しBMI25は72.2kgと非常に大きな差になっています。

なぜ日本だけわざわざ肥満の基準を厳しくしているのかというと、日本人の場合BMIが25を超えたあたりから耐糖能障害(糖尿病)や脂質異常症(高脂血症)、高血圧のリスクが有意に増えだすためです。

なぜ日本人が肥満によって糖尿病などの病気に罹りやすいかというと、かつての日本は穀物を中心とした食生活でたんぱく質や脂質などの摂取量は多くなく、かつ食べられる量も少なかったため少ないカロリーでも生きていけるよう遺伝子に刻まれているからと言われています。

多くのカロリーを摂取しない体ではインスリンを過剰に分泌する必要もないため日本人の膵臓のインスリン分泌能は欧米人比べ半分程度しかなく、現代の飽食や食の欧米化に体が付いていけなくなっているのです。

■日本人は遺伝的にインスリン分泌能が低い
■日本がBMI25以上で肥満なのは糖尿病や高血糖などの発症が増えるため

  日本人は糖尿病になりやすい体だと自覚する

日本人は長い歴史からたんぱく質や脂質をはじめカロリーを多く摂取する生活に体が慣れておらず、ちょっとした体重増加でも糖尿病にかかるリスクが高まってしまいます。

上でも書きましたが身長170cmの人が肥満となってしまう「BMI25=72.2kg」というのは男性であればちょっと小太り程度で、筋肉質な体であれば太っていなくてもこのくらいの体重にはなってしまいます。

BMIは筋肉の多少まで考慮していないのであくまでも参考になりますが、それでも統計的に見れば大して太っているとは感じないBMI25以上で糖尿病や高血圧のリスクが高まっているのは間違いないのですから、いかに日本人が肥満に弱いかが伺えます。

ゆえに糖尿病の発症リスクを高めないために、悪化させないためには私たち日本人は遺伝子レベルで欧米的な食事や肥満に弱いことを自覚し、太らないよう、栄養が偏らないよう努力する必要があります。

とはいえ、ついつい食べ過ぎちゃうんですけどね…


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事