ホーム >  糖尿病対策グッズ・商品 >  サラシア100 小林製薬のトクホで高血糖対策

サラシア100 小林製薬のトクホで高血糖対策


  小林製薬が満を持して発売したサラシア100

小林製薬 サラシア100サラシアを使ったサプリメントやお茶は何年も前から様々な会社から発売されていますが、CMなどでもおなじみに小林製薬が満を持して世に送り出したのがここで紹介する「サラシア100」です。

CMなどを見ていると個人的には「商品のネーミングセンス無いな…」と感じる小林製薬ですが、あれだけ大きな企業が作るサラシアのサプリメントには小林製薬ならではのこだわりと、それに裏打ちされた信頼性と効果が隠されています。

  サラシア100とは?

サラシアを使ったサプリメントは各社から様々発売されていますが、小林製薬のサラシア100はサラシア属を使った商品としては非常に珍しい特定保健用食品(トクホ)で、今現在サラシア関連商品でトクホに認定されているのはこれと富士産業のコタラエキスくらい。

このサラシア100は2010年から特定保健用食品の表示許可を申請しており、5年近くかかってやっと消費者庁に認められています。

一般的なサラシア関連商品はサラシノールやコタラノールといった成分による血糖値の上昇抑制効果を売りにしていますが、サラシア100では特許成分である「ネオコタラノール」が主な成分となっています。

このネオコタラノールが特定保健用食品の関与成分として認められたのですが、トクホとして承認されたといいうことはサラシア100に血糖値を改善する効果があると国に認められたわけですから他のサプリメントより信頼性は高くなります。

■サラシア100の主成分はトクホとして認められたネオコタラノール
■数少ないサラシア属植物を使った特定保健用食品で信頼性は高い

  サラシア100はどういった効果があるのか

サラシアはサラシノールやコタラノールのα-グルコシダーゼ阻害活性によって小腸による糖の吸収を抑える働きをし、ネオコタラノールを配合するサラシア100も下図のようにその作用は同様となります。

サラシア100の効果

確かにこの働き自体はどのサラシア商品も同様であるものの、サラシア100が違うのはその効果を“謳っているだけ”ではなく、食品安全委員会によって効果を厳密に調査されていることです。

その調査書の中でもっとも重要になるのが以下の文章。(原文のまま抜粋)

食品安全委員会によるサラシア100の調査書

この中で食後1時間の血糖値が180mg/DLを超える群に有意な血糖値上昇抑制効果が認められた一方、それより低い群には血糖値上昇抑制効果は認められなかったとあります。

これは血糖値が高めの人にはその上昇をしっかりと抑える一方、血糖値が高くない人は飲んでも低血糖を引き起こす心配がないことを示唆しています。

これはサラシア属の植物の成分を使っただけの漠然とした調査ではなく、特定保健用食品の認定作業に際しサラシア100そのものを使った食品安全委員会の調査なので、その信頼性の高さは言うまでもありません。

■サラシア100の効果は食品安全委員会の調査でも明らかになっている

  サラシア100の価格は?

最後にサラシア100の価格について見ていきます。

サラシア100には普通の単品購入、そして毎月定期的に届く定期コースがあり具体的な価格は以下のようになります。

商品名 内容量 使用日数 送料 価格
通常購入 320mg×90粒 30日 無料 4,536円(税込)
定期コース 320mg×90粒 30日 無料 初回2,268円
3,991円(税込)
(2016年7月現在)    

ちょっと高い…

長年の研究による特許成分を使っていたりトクホの申請などにかなりのコストがかかっているでしょうから仕方のないことだとは思いますが、通常購入や定期コースはハッキリいって安いとは言えません。

ただ、しっかりとした効果が期待できること、商品の信頼性などを考えればこの価格は納得できるところではありますので、確かな効果や安全性を重視する方には小林製薬のサラシア100ほど最適なものはないと考えます。

定期コースでは初回が半額の2,268円である上に2回目以降も12%OFFで購入でき、また万が一自分に合わなかった場合などは次回おとどけの10日前までに手続きすればいつでも中止できますので、とりあえず1、2回使ってみたいという場合でも定期コースで申し込んだ方がお得になります。




高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事