ホーム >  糖尿病の治療・対処法 >  上手にストレスを解消する方法を見つける

上手にストレスを解消する方法を見つける


  ストレス解消は糖尿病治療・予防に繋がる

ストレス解消で糖尿病予防 ストレスが糖尿病を悪化させると聞くと少し意外に感じるかもしれませんが、実は深いストレスと糖尿病の関係。(→ストレスが血糖値を上昇させる理由

我々人間が社会生活を行う上である程度のストレスを感じるのは仕方のないもので、実際そういった常識的な範囲内のストレスでは糖尿病に大きな影響はありません。

しかしそのストレスも“過度”になると高血糖の要因になりますので、ここではその原因について軽く触れてつつ、上手なストレスの解消法についても書いていきたいと思います。

  ストレスが糖尿病を悪化させる原因

まず簡単にストレスと糖尿病の関係を見て行きます。

ストレスが糖尿病を発病・悪化させるメカニズムは、強いストレスを受けると交感神経が刺激されアドレナリンが分泌されると共に、「ストレスホルモン」とも呼ばれるコルチゾールというホルモンが分泌されるようになるからです。

それらホルモンはストレスに対抗するためにエネルギー源となる血液中のブドウ糖濃度を高める作用があり、それによって血糖値が上昇してしまうのです。

健康診断などで緊張し血圧が高めに出る方がいらっしゃいますが、緊張状態は交感神経が高まっている状態でもあるので血糖値でも同じような事が起きる場合があり、健康診断の時だけ高血糖を示す人もいるほどです。

それだけに強いストレスは血糖値を上昇させる要因になるのですが、健康な方が一時的に感じるストレスであればそれほど心配する必要はありません。

しかし強いストレスが長期間続くような環境に置かれている場合は健康な方でも高血糖状態が続き、それを下げようと膵臓は多量のインスリンを放出し続ける事になりますから、膵臓の疲弊からインスリン分泌能の低下を経て糖尿病になる恐れがあります。

また、すでに糖尿病を患っている場合は一度血糖値を上げてしまうとなかなか下げられませんから、長時間の高血糖により糖尿病が悪化、動脈硬化を進ませる結果にも。

強いストレスによる暴飲暴食、タバコやお酒の量の増加も無視できず、様々な観点から長時間ストレスに晒される環境では糖尿病リスクを高めてしまうのです。

■強いストレスはアドレナリンやコルチゾールなどが分泌され血糖値を上昇
■ストレスによる暴飲暴食やタバコ、お酒の増加による悪影響も無視できない

  ストレスを上手に解消するためには

「ストレス」と聞くと悪者のイメージを抱くと思いますが、例えば運動も体にストレスをかける行為ですし、適度なストレスによる緊張感などは物事を的確に進める上で重要な要素になったりと、必ずしもストレス全てが悪いわけではありません。

ただ、忙しすぎる仕事やノルマ、人間関係の問題などは当然ながら悪いストレスになりますし、これらは往々にして過度なストレスになりがちです。

理想を言えば職場や生活環境を変えこういったストレス元から離れる事がベストであるものの、それらはそう簡単に変えられるものではないため上手なストレス解消法や物事の捉え方自体を変える必要があります。

ストレス解消法には一般的な趣味や入浴、旅行、運動といったものから、質の高い睡眠を取る事や音楽鑑賞、アロマテラピーなど多岐に渡り、人それぞれ何を持ってストレス解消となるかは大きく異なります。

真面目な日本人にはストレスを溜め込み上手に解消できない方も多いと思いますが、糖尿病の改善・予防という観点はもちろん、うつ病や様々な病の元となるストレスを解消する事は健康上非常に重要です。

ここからはストレス解消に焦点を当て様々な解消法を一つひとつ詳しく見ていきますので、自分に合った解消法を見つけストレスを溜め込まないよう心がけて下さい。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事