ホーム >  糖尿病の治療・対処法 >  正しい歯磨きと歯科検診で歯周病・糖尿病予防

正しい歯磨きと歯科検診で歯周病・糖尿病予防


  馬鹿に出来ない歯周病の影響

口内環境の改善で糖尿病予防口内環境が糖尿病と何の関係があるんだよ

…と感じる方も多いかもしれませんが、糖尿病と歯周病は密接な関係にある事が分かっています。

口内環境と糖尿病の関係は決して小さいものではないため「糖尿病と歯周病が引き起こす負の連鎖」でも詳しく取り上げていますが、ここでは歯磨きや歯科医での歯石取りなど口内環境の改善にスポットを当てて取り上げていきます。

糖尿病のみならず心疾患や脳疾患も引き起こしかねない歯周病の改善に役立てていただければ幸いです。

  歯周病と糖尿病の関係とは?

まず簡単に歯周病と糖尿病の関係について見ていきます。

まず糖尿病が歯周病に与える悪影響ですが、高血糖によって血管が傷つき毛細血管まで血が行き渡りにくくなる糖尿病では歯肉への血行が悪くなり必要な栄養素や酸素が運ばれづらくなってきます。

それに加え糖尿病を患っている場合免疫力が低下しているため歯周病菌が繁殖しやすい環境になっており、健康な方に比べると歯周病リスクはかなり高くなってしまいます。

歯周病によって繁殖した歯周病菌は血管を通って全身に回り、高血糖や高血圧といった症状と同じく血管を傷付け動脈硬化を進行させるのです。

糖尿病自体が血液中の高いブドウ糖濃度によって血管を傷つけ動脈硬化を引き起こす事に加え、歯周病でも同じ事が起きより動脈硬化を加速させる結果に。

また歯周病菌はインスリン抵抗性となりインスリンの感受性を落とす作用もあり高血糖の引き金にもなります。

糖尿病と歯周病がお互いを悪化させる悪循環が起こってしまうのです。

■糖尿病と歯周病はお互いを悪化させあう悪循環をもたらす

  正しい歯磨きとケアで口内環境の維持を

歯磨きというのはほとんどの方が毎日2~3回行っているとは思いますが、正しい歯磨きを行えている方というのは少ないのが実情なので、理想的な歯磨きの方法を一つひとつ見ていきましょう。

■歯を磨くのは毎食後

食事をした後は口の中の菌が酸や歯垢を作り出すため毎食後の歯磨きを心がけましょう。

食後30分置いた方がよいという説もありますが、これには賛否両論あり基本的には歯や歯茎を菌から守るためにも食後すぐに磨くべきと考えます。

■歯ブラシはヘッドの小さいもので毛の硬さは「やわらかめ」か「ふつう」

歯ブラシのヘッドは大きいほうがしっかりと磨ける気がしますが、実際は大きいほど磨き残しが多くなりますので、小回りの効き様々な場所に対応できるヘッドに小さいものを選んでください。

毛の硬さについては、「かため」だと歯茎を傷つけやすいため基本的に「ふつう」を用いるようにし、出血しやすい方やついつい力を入れてしまう方などは「やわらかめ」が良いでしょう。

■力を入れすぎない

歯磨きを行う上での大前提として「力を入れない」というものがありますが、多くの方は力を入れ過ぎており歯ブラシを握ってガシガシワシャワシャ洗うなんてもってのほかで、それでは歯肉を痛め歯茎下がりの原因になってしまいますし、毛先が開いてちゃんと磨けません。

歯ブラシは人差し指と親指でつまみ箸を持つような感じで握るのが正しく、「グラグラして磨けないよ」と感じるかもしれませんが、歯磨きはその程度の力で十分なのです。

力を入れない事で歯茎にダメージを与えませんし、毛先が開かない事で歯や歯周ポケットに当たりしっかり磨ける事になります。

■歯磨き粉を使う必要はない

歯磨き粉を使った方がスーッとしますし綺麗に磨けた気分にはなりますが、それはあくまでも「気分」であり歯磨き粉自体に汚れを落とす力はほとんどありません。

歯磨き粉を使うと歯垢が落ちたかどうかが分かりづらくなるため、歯磨きのコツを覚えるという意味でも歯磨き粉を使わず磨く事をお勧めしますが、どうしても使いたい場合は歯を守る効果のあるフッ素入りのものを使用しましょう。

歯磨き粉を使わず磨いた後舌で歯を触れば歯垢が落ちたかどうか判断でき、ツルツルならOK、ザラザラなら歯垢が落ちていない事を意味します。

■歯は1本1本しっかり磨く

歯は全体を大きく磨くのではなく、1本1本をしっかり磨いていくという意識が大事で、数ミリ程度の幅で小刻みに10~20往復させる事によってしっかり汚れが落とせますし、歯茎のマッサージにもなります。

汚れが溜まりやすい歯の隙間は歯ブラシを縦にして歯垢や食べかすをしっかり落とすようにしましょう。

■歯の表面は直角、歯周ポケットは45度の角度で当てる

歯の表面や奥歯のかみ合わせの部分は歯ブラシを直角に当て、歯と歯茎の境目…いわゆる歯周ポケットは45度の角度で当て、歯周ポケットの中の汚れをかき出すイメージで磨いてください。

もちろん力は入れず小刻みに10~20往復です。

■磨く時間は10~20分

歯磨きなど1分で十分だわ」という方も多いと思いますが、歯磨きは10分以上かけてしっかり磨いていく事が理想で、力を入れず1本1本丁寧に磨いていけばおのずとこのくらいの時間はかかります。

洗面台の前で10分以上というのは確かに苦痛なので、テレビを見ながら、スマホを見ながらなど「ながら磨き」をすると無理なく行えます。

時間に追われている場合でも最低5分は使って磨くようにして下さい。

■デンタルフロスや糸楊枝を使う

歯の歯の間の汚れは歯磨きでは落としきれないため、デンタルフロスや糸楊枝で隙間の汚れを取るようにすると大部分の歯垢や食べ残しを除去できます。

詰め物をしている歯の場合、無理にフロスや糸楊枝を入れたり出したりすると詰め物が取れてしまう場合があるので、フロスであれば入れた後隙間から引き抜く方法を取ったり、歯間ブラシなど横から入れるタイプのものを使うと良いでしょう。


ざっと歯磨きのコツを挙げてきましたがいかがだったでしょうか?

歯周病予防の基本は毎日の歯磨きにあり、これをしっかり行えるかどうかが糖尿病にも影響を与えてきますので、しっかりと取り組むようにして下さい。


  歯磨きでは取りきれない汚れは歯医者で

歯周病や虫歯にならないためには毎日の歯磨きが何より重要ですが、歯ブラシを使った歯磨きではどんなに上手に磨いても50~60%の歯垢や食べ残ししか取れず、デンタルフロスなどを津かっても80~90%が限界です。

取りきれない歯垢は次第に歯石となり歯にこびり付き歯ブラシでは取れなくなるため、定期的に歯科医にかかり歯のクリーニングを行う必要があります。

定期的な歯科検診というのは半年に一度行うのが一般的で、ある程度ちゃんと歯磨きが出来ている場合半年に一度健診を受けていれば歯周病や虫歯のリスクはかなり少なくなるでしょう。

糖尿病を患っている場合歯周病になりやすい事もあり定期的な歯科検診を行う事が歯周病はもとより糖尿病治療や予防の観点からも重要になります。

毎日ちゃんと歯を磨いていてパッと見綺麗に見えても歯垢や歯石は確実に蓄積されていますし、万が一虫歯や歯周病が発生していないとも限らないので、面倒でも半年に一度は歯医者に行きクリーニングなどを行ってもらうようにしましょう。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事