ホーム >  糖尿病の治療・対処法 >  ダイエットを上手に取り入れ健康な体を

ダイエットを上手に取り入れ健康な体を


  肥満は糖尿病の大敵

肥満は糖尿病の大敵 糖尿病の予防や治療の観点から真っ先に取り組むべきは食事の管理と運動です。

なぜなら肥満…いわゆる「デブ」は太っていない方に比べ糖尿病のリスクが5倍になるといわれ、すでに糖尿病を発症しているにも関わらず肥満である場合、症状は確実に進行し遠くない将来合併症として現れてくるでしょう。

そのため糖尿病発症・進行のリスクを減らすには何より肥満の解消が急務となります。

ダイエットというと辛いイメージがあり、何度も挑戦して失敗している方も多いと思いますので、ここで肥満の恐怖とダイエットの重要性を再確認し減量に取り組んでください。

  肥満はなぜ糖尿病リスクを高めるのか?

肥満が糖尿病のリスクになる事は多くの方がご存知だと思いますが、その理由は「食べ過ぎだから」だと思っていませんか?

もちろんこれは正しい認識で、肥満が糖尿病に与える悪影響の多くは過度な食事と運動不足が主な原因となります。

肥満の方というのは当然ながらそれを維持するだけの食事を摂取している事になり、それによって血糖値は常に高い状態になりがちですからそれを改善するために膵臓が一生懸命インスリンを分泌しますが、次第に膵臓が疲れてインスリン分泌能が衰えてきます。

そうなると十分なインスリンを分泌できない上に、過食気味の食事が重なり血糖値は高くなっていきます。また、肥満によって肥大した脂肪細胞からはインスリンの感受性を鈍らせる抵抗性となるホルモンが分泌され、それは男性に多い内臓脂肪型肥満において特に顕著です。

過剰な食事と膵臓の疲弊、インスリン抵抗性、運動不足などが重なるため肥満の方の糖尿病リスクはそうでない方に比べ非常に高くなってしまうのです。

■肥満の場合そうでない方に比べ糖尿病発症リスクは5倍
■食べ過ぎや運動不足、膵臓の疲労やインスリン抵抗性が糖尿病を引き起こす

  楽に痩せられるダイエット法ってある?

糖尿病の予防や治療には肥満を改善する事が絶対条件ともいえますので直ちにダイエットを開始するべきですが、少しでも苦痛の無いダイエット法ってあるのでしょうか?

ダイエットの基本は糖尿病治療と同様に食事と運動であり、テレビや書籍などで見かける「これを食べるだけで」「これを飲むだけで」といったような、いわゆる楽に痩せるという方法は存在しません。

なぜなら痩せるか太るかというのは摂取カロリーと消費カロリーのバランスが最重要であり、よくある「糖を吸収しにくくする」「脂肪燃焼効果」というのはあくまでも“補助”のレベルでしかないからです。

もちろんそういったダイエット法や食品を上手に活用する事でダイエットの負担を減らす事は可能ですが過度な期待は禁物で、そもそも楽に痩せられる方法あれば日本はもとより世界規模で肥満が急増している現状の説明が付きません。

ダイエットの負担を減らす方法は様々あれど、楽に痩せられる方法はありません。

■「これを飲むだけで」「これを食べるだけで」という楽なダイエットはない

  無理なく上手に行えるダイエット法とは

細かいダイエット法や運動療法に関しては「糖尿病治療の為の運動療法・ダイエット」で取り上げているためここでは割愛しますが、ダイエットを行う上で出来るだけ無理なく行う方法や長続きさせるコツなどは存在します。

非常に効果的なのがご家族や友人の協力を得る事で、そういった方にダイエットを宣言するだけでも後に引けない状況を作りますし、一緒に運動やダイエットを行ったり食事面でサポートしてもらえればダイエットの成功率は高まるでしょう。

ダイエットの基本は食事と運動になり糖尿病を発症していないのであれば1日の摂取カロリーは1,800~2,000kcalを目安に、糖尿病であれば1,600kcalくらいが目安となり、そこに30分~1時間の有酸素運動を取り入れる事が理想となります。

しかしこのカロリー量で食べられる量というのは思いのほか少なく、間食をしようものならあっという間に超えてしまったりします。

毎日厳密に摂取カロリーを決めるのはストレスになるので、糖尿病を患っていない方であれば1週間で14,000kcalという枠を作り、食べ過ぎてしまった次の日は少なめにするなどし1週間の中で基準に収めるようにすると心理的な負担は軽減すると思います。

月並みですが、毎日体重計に乗りグラフを付けるというのは現状を知ると共にモチベーションの維持にも役立つので是非実践してみて下さい。

■ご家族や友人の協力を得られればダイエットの成功率は飛躍的に高まる
■毎日摂取カロリーを守るのではなく、1週間単位にすると気分的にも楽になる

  ダイエットは継続する事が何より大事

「痩せる」という事に関しては数ヶ月頑張れば達成できるためさほど難しい事ではなく、本当の試練はその後にあります。

ダイエットは痩せれば終わりというわけではなくその後はその体重を維持する必要があり、痩せたからといって安心して従来の生活に戻れば体重はあっという間に元に戻ってしまい、多くの方はここで失敗しリバウンドしてしまいます。

それを避けるためには「ダイエットのために食生活や生活習慣を変える」ではなく「生活習慣を根本から変える」という意識が何より重要になります。

「痩せる事で食事を制限し運動をする必要がある」と捉えるのではなく、「おしゃれなどの幅が広がり女性として、男性としての魅力が飛躍的に増す」といったようにプラス面を最大限活かし体重維持のモチベーションとしてみて下さい。

正常な体重の維持は糖尿病の予防や治療にとって基本中の基本なので、将来自分やご家族が合併症で苦労しない・させないためにもしっかりダイエットに取り組むようにしましょう。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事