ホーム >  血糖値を下げる食事療法 >  玉ねぎのケルセチンとイソアリインが血糖値を下げる

玉ねぎのケルセチンとイソアリインが血糖値を下げる


  様々な栄養を含むタマネギ

タマネギが血糖値血糖値を下げる

タマネギが体に良いことは広く知られており、その中でも特に有名なのは血液をサラサラにする効果が期待できる「ケルセチン」です。

しかしタマネギには血液をサラサラにする効果以外にも様々な栄養や作用が期待でき、血糖値が高くなってしまう糖尿病の改善や予防も期待できるのです。

タマネギのどういった成分が糖尿病に効くのでしょうか見ていきましょう。

  タマネギといえばケルセチンとアリシン

多くの人がタマネギの健康効果を「血液サラサラ効果」と認識していると思われ、それをもたらすのが「ケルセチン」と「アリシン」です。

ケルセチンは抗酸化作用を持つポリフェノールの一種で、動脈硬化の原因となる血管内皮へのLDLコレステロールの蓄積を抑制する効果が期待できるとともに、LDLコレステロールの量自体を減らす効果があります。

動脈硬化を防ぐことはそれ自体が血栓の予防にもなりますが、それに加えタマネギに含まれる「アリシン」には血液の凝固を防いだり血栓を溶かす血栓溶解作用があり、これが「タマネギを食べると血液がサラサラになる」と言われるゆえんです。

糖尿病になり血糖値が高くなると血管内皮が傷つき、そこにLDLコレステロールやマクロファージの死骸が蓄積し動脈硬化を引き起こし、また高血糖自体が血液ドロドロの状態でもあるので、タマネギに含まれるケルセチンやアリシンは非常に効果的なのです。

ただ、ケルセチンはタマネギの皮に最も多く含まれているため、効果的に摂取するには粉末にしたりお茶にして煮だしたりといった工夫が必要になります。

■タマネギに含まれるケルセチンやアリシンが血液をサラサラに
■ケルセチンは皮に多く含まれる

  刺激臭の原因イソアリインが血糖値を下げる

タマネギを切ると目や鼻にしみて涙や鼻水が出たりすると思います。その原因はタマネギに含まれるイオウ化合物のひとつ「イソアリイン」という成分。

料理する側としては迷惑なこのイソアリインですが、これにはインスリンの働きを活発にし糖代謝を促し血糖値を下げる効果があります。

またアリシン同様血栓を予防し血液をサラサラにする効果もあり、糖尿病予防や改善を強力にサポートします。

イソアリインの血糖値を下げる効果は生のままがもっとも効果的なのでサラダなどで食べたいところ。ただ水に溶けだしてしまう性質があるため辛みを抜くために多く人がやりがちな「水にさらす」という行為はできる限り避けるか短時間に留めましょう。

■辛み成分であるイソアリインはインスリンの働きを活発にし血糖値を下げる
■イソアリインは生でもっとも効果を発揮し、水にさらすことは避ける

  糖尿病改善のためタマネギを積極的に取り入れよう

タマネギは独特の臭いや味があるため苦手な人も多いとは思いますが、体にとっては非常に良い食べ物なのでできる限り食事に取り入れたいところです。

特に血糖値が高い人にとっては動脈硬化の予防や血液サラサラ効果、血糖値を下げる作用など積極的に摂取するべき作用が多いのです。

どうしてもタマネギが苦手という場合はカレーなどに入れてもある程度の効果は期待できますし、ハンバーグやスープなどあまりタマネギを意識しないような料理を試してみて下さい。

また、タマネギの有効成分をぎゅっと詰め込んだサプリメントで摂取するという方法もありますので、血糖値が気になるものの普段なかなかタマネギを食べる機会のないひとはサプリメントのご使用も検討してみて下さい。


高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事