ホーム >  血糖値を下げる食事療法 >  食品交換表を用いてしっかりとした食事管理を

食品交換表を用いてしっかりとした食事管理を


  一筋縄ではいかない食事療法

糖尿病の食事療法には食品交換表

糖尿病の治療には血糖値を下げる薬物療法インスリン療法といった治療法もありますが、これは基本的に補助的な治療法で、糖尿病治療のメインとなるのは食事療法です。

なぜならいくら薬を飲んだからといって完治は難しく一生付き合うことになるであろうこの病は食生活が改められなければ改善は期待できず、将来的に様々な合併症が出てくる可能性が高いから。

とはいえ食事療法はカロリーや栄養バランスの管理が難しくついつい敬遠してしまう人が多いのも事実で、それを少しでも簡単なものにしようという試みから生まれたのが「食品交換表」です。

糖尿病の食事療法の煩わしさを劇的に改善してくれるこの食品交換表、いったいどんなものなのでしょうか。

  食品交換表におけるグループ分け

食品交換表では様々な食品を6つにグループ分けしています。

食品交換表のグループ分け

糖尿病食の栄養バランスは1日の総エネルギー量のうち50~60%を炭水化物などの糖質から、たんぱく質標準体重1kgあたり1.0~1.2g、残りを脂質で摂取し、そこに野菜を1日300g程度摂るのが理想とされています。

そしてこの食品交換表を用いカロリー計算や食事量、栄養バランスなどを誰でも取り入れやすくしたものが「単位」というものになります。

  単位とは

食品交換表で用いる「単位」とは80kcalを1単位とすることでカロリーや栄養を管理しやすくなっており、主要な食材の1単位におけるグラム数(g)は以下のようになっています。

表1
(1単位)
ごはん パン うどん パスタ そば 中華めん
55g 30g 80g 50g 60g 40g
じゃがいも さつまいも とうもろこし 里いも かぼちゃ 小麦粉
110g 70g 110g 160g 110g 20g

表2
(1単位)
※可食部
いちご メロン みかん りんご バナナ すいか
250g 200g 200g 150g 100g 250g
キウイ もも ぶどう かき なし パイナップル
150g 200g 150g 150g 200g 150g

表3
(1単位)
さけ あじ さば いわし さんま まぐろ
40g 60g 40g 40g 40g 60g
かき あさり いか たこ たらこ うなぎ
100g 150g 100g 80g 80g 30g

表3
(1単位)
牛ひれ肉 牛ひき肉 豚もも肉 豚ひき肉 鶏もも肉 鶏ささみ
60g 30g 60g 30g 60g 80g
豆腐(木綿) たまご チーズ 納豆 枝豆 ゆで大豆
100g 50g 25g 40g 60g 40g

表4
(1単位)
牛乳 低脂肪乳 ヨーグルト スキムミルク 濃厚牛乳
140g 160g 140g 20g 120g

表5
(1単位)
植物油 バター マヨネーズ ドレッシング ごま
10g 10g 15g 20g 15g

表6
(1単位)
野菜
300g

糖尿病食の1日の摂取カロリーは人によって異なるものの概ね1日1400~1800kcalくらいが多く、1400kcalなら1日の摂取量は18単位、1600kcalなら20単位、1800kcalなら23単位と決め、それぞれのグループから必要に応じた単位を摂取します。

例えば女性の糖尿病患者に多い1日1400kcalなら…

1日の単位 表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料
9 1 4 1.4 1 1 0.6

単位としてはこのような配分となり、これを1日3回に分けて摂取する…というのが食品交換表を用いた単位の考え方になります。

■食品交換表での単位は「1単位=80kcal」

  1日の摂取カロリー別 3食の配分例

では最後に、それぞれの1日の摂取カロリーから単位をどう配分すればよいかの例を取り上げてみたいと思います。

1200kcal(15単位)
1日の単位 表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料
6 1 4 1.4 1 1 0.6
2 1 1 0.3 0.6
2 1 0.3
2 2 0.4
間食 1 1.4

1400kcal(18単位)
1日の単位 表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料
9 1 4 1.4 1 1 0.6
3 1 1 0.3 0.6
3 1 0.3
3 2 0.4
間食 1 1.4

1600kcal(20単位)
1日の単位 表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料
11 1 4 1.4 1 1 0.6
3 1 1 0.3 0.6
4 1 0.3
4 2 0.4
間食 1 1.4

1800kcal(23単位)
1日の単位 表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料
12 1 5 1.4 2 1 0.6
4 1 2 0.3 0.6
4 2 0.3
4 2 0.4
間食 1 1.4

何となくイメージが湧いたでしょうか?

表1の炭水化物で分かりやすく例えると3単位はご飯160g前後になりますので0.5合くらい、食パンでの3単位はおよそ8枚切り2枚、4単位だと6枚切り2枚くらいが目安になります。

食品交換表と単位を用いた食事療法は、はじめはちょっと取っつきにくい印象があるかもしれませんが、実際にやってみれば毎日の単位数は決まっているためすぐに慣れてきます。

食事療法をしっかりと実践できるかどうかが糖尿病の予後を…ひいては寿命や将来のQOL(生活の質)をも左右しますので、食品交換表と単位を使って良好な血糖コントロールを行うようにして下さい。

高血糖対策に効果的な健康食品

あわせて読みたい関連記事